リボ払いには要注意

リボ払い専用のクレジットカード等が大変便利に宣伝されていますが、支払いのことを考えずに使っていると、気がついたときには数十万円の残高が溜まっている、なんてこともあります。リボ払いの未払い残高は人それぞれで認識によって大きく変動するものです。また支払い方法や、未払い残高が高額になった場合でも、その対応方法は人により様々です。ただ、1つ言える事は、リボ払いは毎月返済額が一定に抑えられるのがポイントであり、そこがデメリットであることも多々あります。手数料のことを考えると、低金利のカードローンに借り換えをした方が良い場合も多々あるのです。気をつけて利用しましょう。

お金の循環を良くするのも整理することが重要

雑誌を見ていると、特に主婦系の雑誌に多いのがお金のたまりやすい生活や思考といった特集です。どうすればお金が貯まるのか、お金を貯められる人と溜められない人の違いはどこにあるのか、そういった視点で記事が書かれています。
それらの記事を読んでいて思うのは、お金を貯金することも、逆に借金を減らしていくことも同じだなと言うことです。

例えばそれらの記事を読んでいて思うのは、お金を貯金することも、逆に借金を減らしていくことも同じだなと言うことです。

お金を貯める人と言うのは、共通することとして、片付け上手と言うことです。また片付けをするきっかけとして、手持ちのものをどんどんと捨てていく、処分する、そういった行動をとっているそうです。そういう行動をとり始めたタイミングと同時にお金が貯まる体質になっていたと言うような記事をよく見ます。つまり、何でもかんでも手元に置いておくのではなく、どんどんと整理して管理しやすい形にシェイプアップしていくと言うことです。これはカードローンの借り換えやおまとめにも共通する考え方ですね。

例えば、当サイトにはカードローンの借り換えを考えている方の訪問が多いのですが、カードローンの借り換えをするという事はつまり、借金の整理をすると言うことです。3社から借りているカードローンを一緒にまとめる、4社のカードローンを2社まで減らすといったことです。いざと言う時のためにとか言って何社もの契約をきれずにいるという事は、結局のところ借金生活を肯定していることになります。借り入れを減らすのであればまずは借入先を整理するところから始めてみてはどうでしょうか。