誠意ではない気がする・・。

片岡愛之助さんとくまきりあさみさん、ややこしいことになってきました。愛之助さんは「誠意」として、同棲していたマンションの家賃を、くまきりさんが自分から出ていくまでは払い続ける、なんておっしゃっています。でも私にはそう思えません。非難の矛先が自分に向くのが嫌で、イメージの低下を嫌って、「誠意」って言って誤魔化している気もします。

どこかで期限を決めて、マンションは引き払って、新しく済むところのお世話をしてあげて、次に進めるようにしてあげる方が誠意としてはいいんじゃないかと思います。
同棲していたマンションは、家賃も高くて高級なマンションだと聞いています。住み慣れた高級マンションにタダで住み続けられるなら、出て行こうって気分にもなりにくいんじゃないかという気もしますね。やっぱり期限を決める必要はあると思います。

この報道を見て、人と付き合って別れる事の大変ねって改めて思ったし、ちょっと表現は違うかもしれないけど、引き際の美学と言うものについて、考えさせられました。

コメントは受け付けていません。